お寿司について思うこと

消費税の増税の影響に関係なく、近所の回転寿司屋さんはお客さんが激減しているように思います。いわゆる大手の有名チェーン店ですが半年ほど前からいつ見てもお客さんがガラガラで、一体どうしたのだろうと思ってしまいます。何年か前までテレビで回転寿司屋さんがもてはやされていました。

週末に家族みんなで回転寿司に行くのが幸せの証みたいな、しかし今はそういったテレビによって作られたブームが終わったからお客さんが減ったのでしょうか。ところで私はお寿司は年に2回と決めています。お花見のシーズンと秋祭りのシーズンの合計2回です。

それ以外は誰かに強制的に食べに行こうと誘われない限り自分では行きません。頻繁に食べるとお寿司の価値が減ってしまいます。もちろん回転寿司屋さんではなく本物のお寿司屋さんですけれども、そこの女将さんもあまり食べ過ぎない方が良いと言っていました。

やっぱり頻繁に食べると飽きてしまうそうです。ちなみに私の場合は財布の中身がリッチじゃないから年に2回だけという理由もあるし、生魚を食べるとお腹を壊すという体質もあるから年に2回というのもあります。他の人は違うかも知れませんが私からすると寿司なんて本当に贅沢な食事です。

毎週食べている人はどれだけお金持ちなんだろうと思ってしまいます。きっとお腹の調子も良いのだろうなとそんなことを想像したりもしますし、正直羨ましいですね。

Comments are closed.